So-net無料ブログ作成

ベナール対流(その3) [buoyantPimpleFoam]

・ 

ベナール対流がどこまで定量値と合っているかを、整理しました。

詳しくはこちらのスライドで確認してください。

定性評価・定量評価ともにまずまずの結果です。 

 

4月13日にOpenFOAM勉強会(岐阜)で報告します。

・ 

・ 

ケースファイルはこちらから


nice!(5)  コメント(2) 

nice! 5

コメント 2

sariew

buoyantPipleFoamは標準で物性の(熱的)影響を考慮していますが。
by sariew (2017-04-11 13:55) 

かずい

>sariew さん
先日の勉強会で質問したら、同じ回答が来ました。
ありがとうございます。
液体が使えれば、もう少し高いRa数での評価ができるかもしれません。

ただ、このテーマはここまでにしたいと思います。
by かずい (2017-04-11 21:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント